債務整理なら武村法律事務所 武村法律事務所|東京都新宿区西新宿7-18-19 新宿税理士ビル第2別館 4階

過払い金請求で、払いすぎた利息を取り戻しましょう!

過払い金請求で、
払いすぎた利息を取り戻しましょう!

過去に消費者金融会社やクレジットカードのキャッシングを利用されていた方は、利息を払いすぎている可能性があります。その場合、借入先の業者に対して過払い金請求をすれば、高額なお金を取り戻せる方が多くおられます。

過払い金はどのような場合に発生して、いくらくらい戻ってくるものでしょうか?
今回は、払いすぎた利息を取り戻せる「過払い金請求」について、弁護士が解説します。

1.過払い金とは

過払い金請求をすると、お金が返ってきますが、「借金をしていたにもかかわらず、どうしてお金が返ってくるのか?」と不思議に思われる方が多いので、ご説明します。

過払い金とは、利息制限法の上限を超えて払いすぎた利息のことです。

日本には「利息制限法」という法律があり、お金を貸し付ける際の上限利率を定めています

具体的には以下の通りです。
●借金額が10万円未満 年率20%まで
●借金額が10万円以上100万円未満 年率18%まで
●借金額が100万円以上 年率15%まで

ところが、過去には上記の制限利率を超えても、一定の要件を満たせば違法ではない、とされていました。そこで多くの貸金業者は、利息制限法を超える高い利率によって貸付をしていたのです。


その後、利息制限法を超過した利率により支払った金額は取り戻すことができるという最高裁判所の判決が出たため、払いすぎた利息は、基本的にすべて取り戻せるようになりました。

その手続きが、過払い金返還請求です。


なお、利息制限法等の法律が2010年(平成22年)に改正されたため、その後利息制限法を超過する利率による貸付は一切認められなくなりました。そこで、今はもう制限利率を超過する貸付は基本的に行われておらず、今後の借金によって過払い金が発生する可能性はほとんどありません。

2.過払い金請求できるケース

次に、過払い金請求できるのはどのようなケースなのか、みてみましょう。

2-1.2009年までに借金していた

img2

過払い金請求するためには、2009年頃までに借金をしていたことが必要です。

利息制限法が改正されたのは2010年ですが、実際には改正を見越して、多くの貸金業者が2008年頃に利息制限法を超過する利率による貸付を停止していきました。遅くとも2009年には制限利率内の貸付に抑えた業者がほとんどです。

そこで、過払い金が発生するのは2008年、遅くとも2009年までに借入をしていたケースとなります

2-2.消費者金融かクレジットカードのキャッシングを利用していた

過払い金が発生するためには、利息制限法を超過した利率によって返済していた必要があります。そして2009年頃まで制限利率を超えて貸付をしていたのは、各種の消費者金融やクレジットカードのキャッシングの取引です。

たとえばプロミスやアコム、アイフルなどの大手の消費者金融、中小の町金や、セディナ、イオンカード、セゾンカードなどのクレジットカードの取引(キャッシング)をされていた場合、過払い金が発生している可能性があります

同じクレジットカードでもショッピングの場合には過払い金が発生しないので、注意が必要です。また、モビットなど一部の消費者金融は、もともと制限利率内に抑えた貸付をしていたので過払い金が発生しません。その他、銀行カードローンや住宅ローン、教育ローンや奨学金、車のローンなどでも過払い金は発生しません。

過払い金が発生しているかどうか分からない場合、弁護士がお調べしますので、お気軽にご相談下さい。

2-3.完済後10年が経過していない

過払い金請求をするには、借金完済後10年が経過していないことが必要です。過払い金請求権には時効があるためです。

時効が成立すると、どれだけ多額の過払い金が発生していても、1円も請求できなくなります。

過払い金請求権は、借金の完済後10年が経過すると時効によって消滅すると考えられているので、完済後10年間放置していると、もはや過払い金を取り戻せなくなります。

ただし時効完成前であれば、裁判をすると時効を中断できるので、10年が間近に迫っている場合であっても、あきらめずにご相談下さい。

3.過払い金請求のメリット

過払い金請求をすれば、払いすぎた利息(お金)を取り戻すことができるのですから、明らかにメリットが大きいです。返ってくる金額はケースによりますが、100万円、ときには200万円を超える場合もあります。

4.過払い金請求のデメリット

img1

過払い金請求にはほとんどデメリットがありません。

よく「債務整理するとブラックリスト状態(ローンやクレジットカードを利用できなくなる状態)になる」と言われることがありますが、過払い金請求をしても、ブラックリスト状態にはなりません。稀に、手違いでブラックリスト状態になってしまうケースもありますが、情報の訂正が可能ですので、おそれる必要はありません。


過払い金請求する際に注意点があるとすれば、請求相手の貸金業者を利用できなくなることくらいです。たとえばクレジットカード会社に過払い金請求をすると、そのクレジットカードは使えなくなります。

そこで、クレジットカードで光熱費や電話代などの引き落としをしている場合には、過払い金請求をする前に、支払方法を変更しておきましょう。

ただ、過払い金請求であるクレジットカードを止められても、他のクレジットカードは使えるので、特に大きな問題はないと言えるでしょう。

5.過払い金請求権を弁護士に依頼するメリット

過払い金請求をするのであれば、弁護士に依頼すべきです。過払い金を取り戻すためには貸金業者との交渉が必要となりますが、本人が自分で交渉すると、大きく減額を主張されてほとんど返ってこない可能性もあるからです。

弁護士にご依頼いただけましたら、交渉段階でも多くの過払い金を取り戻せますし、必要に応じて訴訟を起こし、満額+過払い利息(過払い金に対して付加される5%の利息)を取り戻すことも可能となります。

過去に消費者金融やクレジットカードを利用されていた方は、お早めに弁護士までご相談下さい

1日も早く、安心して眠りたい。
もう借金のことで悩みたくない。
footcopy_bg
相談
無料

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第2別館 4階

※「第二東京弁護士会」は、大正15年に設立され、現在も東京において市民の権利を実現するための活動に特に力を入れている弁護士会です。東京都以外にも全国でのご相談をいただけます。
TOP