債務整理なら武村法律事務所 武村法律事務所|東京都新宿区西新宿7-18-19 新宿税理士ビル第2別館 4階

債務整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべき?

債務整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべき?

債務整理をするとき、債務者が1人で対応するのは難しく、不利な状況になってしまう可能性も高いので専門家に対応を依頼すべきです。

債務整理を依頼できる専門家には弁護士と司法書士がありますが、どちらに依頼するとよりメリットが大きくなるのでしょうか?

今回は、債務整理を弁護士に依頼するのと司法書士に依頼するのとどちらが得になるのか、ご説明します。

1.任意整理や過払い金請求の場合

任意整理や過払い金請求をするときには、司法書士の「取扱限度額」が問題となります。

司法書士は、140万円を超える事件における代理交渉をすることができません。そこで任意整理をするとき、140万円を超える借入金がある債権者がいると、その債権者との間では司法書士が交渉を進めることができません。過払い金請求の時も同様で、140万円以上の過払い金請求はできません。

また、司法書士には簡易裁判所の代理権しかありません。地方裁判所の代理権がないので、債権者から裁判をされたりこちらから過払い金請求訴訟を起こしたりするときに、請求額が140万円を超えていると対応を依頼できません。控訴されたときやするときにも対応不可能です。

これに対し、弁護士であれば、取扱限度額がないので借入金額がどれだけ膨らんでいても、どれだけ多額の過払い金請求をするときにも対応可能です。

また、すべての裁判所における訴訟代理権があるので、請求額が大きい事案や控訴された事案などでも問題なく対応できます。


このように、弁護士であればどのような任意整理・過払い金請求のケースでも代理人になれますが、司法書士の場合には、代理人となれるケースが相当限定されてしまいます。

2.個人再生の場合

個人再生をするとき、弁護士には「全面的な申立代理権」があります。

個人再生をするとき、弁護士には「全面的な申立代理権」があります。

そこで、債務者の代理人として申立を行い、手続きを進めていくことができます。

これに対し司法書士の場合には、書類作成の代理権しかありません。つまり、書類を作成するだけで、申立や手続き自体は債務者本人名義で進めていかなければならないのです。

このような違いがあるため、裁判所によっては司法書士申立の場合、高額な「予納金」がかかるケースがあり、弁護士と司法書士の予納金の差額は10万円以上になることもあります。司法書士に依頼すると、弁護士に依頼していれば不要な余分な費用が発生してしまいます。

3.自己破産の場合

自己破産の場合にも個人再生と同様、弁護士には全面的な申立代理権がありますが、司法書士には書類作成の代理権しかありません。

そこで、自己破産の場合にも、司法書士に依頼すると予納金が高額になってしまうケースがあります。弁護士であれば20万円で済むところ、司法書士に依頼すると50万円程度かかってしまうケースもあるので、影響が大きいです。

また、自己破産の場合には、裁判所で審尋や債権者集会などの手続きがあります。弁護士であれば申立代理人としてこれらの手続きに同席し、債務者の代わりに意見を述べたり擁護したりできますが、司法書士には書類作成の代理権しかないので、そういった権限は認められていません。債務者が1人で出席して対応しなければならないので、心細く感じてしまうケースもあります。

以上のように、各債務整理において、司法書士よりも弁護士の方が大きな権限を持っており、依頼するメリットも大きくなります。当事務所では弁護士が対応いたしますので、借金問題にお困りであれば、是非とも債務整理相談窓口までご相談下さい。

1日も早く、安心して眠りたい。
もう借金のことで悩みたくない。
footcopy_bg
相談
無料

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第2別館 4階

※「第二東京弁護士会」は、大正15年に設立され、現在も東京において市民の権利を実現するための活動に特に力を入れている弁護士会です。東京都以外にも全国でのご相談をいただけます。
TOP